ヨガの種類

ハタヨガ(hatha yoga)


ハタヨガの「HATHA( ハタ )」とは、サンスクリット語で「ハ( ha )=太陽」、「タ( tha )=月」という意味。

この 2 つの言葉の意味を組み合わせると、 「ハタ」は、陽と月は、陽と陰、男と女、心と身体など世の中の相対するものの代表的な存在として解釈されています。

ヨガという言葉には「結ぶ」という意味があり、ハタヨガとは相対する2つのものを結びつけ、1つに結ばれた陰陽を織りなす身体のバランスをとることを原則としたヨガのことを言います。


タヨガの歴史

ハタヨガの起源は数千年以上前になり、その起源には諸説あリます。

神話化されたインドのヒンドゥー教聖者ゴラークシャナータが始めたとか、インドの密教徒達により始められたと言う説も

あります。

元々は瞑想によって心を無にすることを目指した内容でした。一般人でも優しく気軽に取り組めるように、ポーズと呼吸を組み合わせて、ヨガとして考案したとも言われています。難しく、馴染みにくいことでしたそこでポーズ(アーサナ)と呼吸を組み合わせたヨガとして考案されたのがハタヨガです。

健康やフィットネスの一つとして20世紀後半に欧米で大人気になり、現在、ハタヨガは多くのポーズを活用したエクササイズとして親しまれています。


ハタヨガの効果

ハタヨガは、自分の体と心に向き合い、内観して自律神経の乱れやバランスを整えることに着目しています。呼吸とともに体を動かすことで、運動不足解消、ダイエット、デットクス効果のみならず、精神的なストレスの緩和やうつ病にも効果があると言われています。

Instagramの写真を取得できませんでした。

    Twitter